料理の適材適所

料理の適材適所

part_01

1.かた肉

脂質は少ないのですが、タンパク質が豊富。エキス分やゼラチン質が多いので、濃厚な味なんですよ。
スープストックにして、いろいろな料理のベースとして。

2.かたロース

背中の筋肉部分のうち、首から背中にかけたロース部分。脂肪が適度にあって、風味が良いのが特徴。少し筋っぽいので、薄切りにして。

3.リブロース

いちばん厚みのあるロース部分。きめが細かで柔らかい部分です。ローストビーフやステーキに最適。
霜状に脂の入ったものは、すき焼きやしゃぶしゃぶに。

4.サーロイン

きめが細かく柔らかいのが特徴。ステーキにピッタリです。

5.ヒレ

1頭から2本しかとれない最高級の部分。脂肪も少ないので、カロリー控えめ。ステーキなどにレアで食べるのがオススメ。

6.バラ肉

濃厚な味で、脂質を多く含んでいます。長時間煮込んで仕上げるビーフシチューや、スパイスをきかせたスペアリブなどに。

7.モモ肉

肉のきめがややあらい赤身肉。切り身で使うカツレツや焼肉、カレーやシチューなどの煮込みなど、幅広く利用できる部分です。

8.そとモモ肉

モモの部分と比べると肉質は固め。

9.ランプ

モモの中では最も柔らかく、風味の良い部分。あっさりと和風味でいただく刺身やたたきなどがオススメ。

10.ネック

脂肪がほとんどなく、きめのあらい赤身肉。ひき肉料理やスープに最適です。

11.スネ

筋が多くかたいのですが、煮込むと崩れるほど柔らかになります。ダシをとるのに最適。



農業のことTOP 暮らしのことTOP 地域のことTOP


ホームページ



農業のことTOP 暮らしのことTOP 地域のことTOP


ホームページ