神戸ビーフの主産地 黒田庄

カワイイお目々と、裏腹に…

黒田庄和牛は、全身が真っ黒の去勢牛または雌牛。
クルンとした真ん丸のキュートなお目々がとっても魅力的で、耳と耳の間からはニョッキリと角が生えています。
成長すると、体重は平均で650~680kgくらいになることも。
実際に間近で見ると、カワイイお目々とその大きさのギャップにビックリしてしまうかも!
kuroda1

世界の舌を魅了する『神戸ビーフ』の主産地

世界の舌を魅了する神戸ビーフ。この称号は、数ある和牛産地の中でも5代前のご先祖様までが兵庫県で産まれ育ち、プロの目によって選りすぐられた最高の和牛たちだけに与えられるものです。
『黒田庄和牛』は、その格式高い神戸ビーフの主産地として有名なんですよ。
kuroda2

血統書が付いた由緒正しい牛さんです

黒田庄和牛は、もちろん黒田庄町の風土や自然の中で育てられ出荷されるのですが、必ずしも黒田庄町内で生まれる訳ではありません。
兵庫県内にある和牛の子牛市場(温泉町・淡路・但馬)から買われてくるものがほとんどで、もちろんどの子牛も血統書付き。

毎日すくすくと育っています

子牛産地で生後8~10カ月くらいになり、選び抜かれた子牛だけが黒田庄町へやって来ます。
緑なす大地、おいしい空気と水、お庭付きの広い牛舎、そして何より心優しい黒田庄和牛同志会のメンバーの愛情に包まれながら、約2年間じっくりと時間を掛けて成長するのです。


農業のことTOP 暮らしのことTOP 地域のことTOP


ホームページ