TACによる担い手サポート

TACの意味・役割

JAグループにとっての「重点顧客」、すなわち、現在、5年後、10年後と地域農業を担っていく農業経営者、つまり「地域農業の担い手」に日々出向き、その「担い手」の声・要望を収集しJAにつなぐことにより、JAグループの事業に反映させJAグループの事業基盤の充実に貢献していきます。
そういった活動を行うJA担当者が“TAC”です。

tac03

TACの由来・意味

「地域農業の担い手に出向くJA担当者」の愛称を単協・連合会が一体(チーム)となって地域農業をコーディネートするという意味を持つ「Team for Agricultural Coordination」の頭文字をとって「T・A・C」としました。

TAC活動

新規就農者や営農組合、多様な担い手の登録先に定期訪問し総合的に支援をいたします。

  • 補助事業や営農情報の提供をいたします。
  • 経営や経営作物の提案をいたします。


農業のことTOP 暮らしのことTOP 地域のことTOP


ホームページ



農業のことTOP 暮らしのことTOP 地域のことTOP


ホームページ