お茶を美味しくいただくマメ知識

お茶について

新茶とは

新茶とは、その年の最初に生育した若芽だけを摘み取って作ったお茶のこと。
新茶は、一番茶とも呼ばれている。

二番茶より新茶がおいしいワケ

昨年の秋から春にかけて、お茶の木は十分に養分を貯える。
その木の栄養を含んだ若芽が春の芽生えとともに成長し、みずみずしくて味の良い茶葉となる。
新茶は、一番最初に生長した芽だけを摘んで加工したものなので、2番茶よりも旨みの成分が多く含まれている。

八十八夜

“夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る あれに見えるは茶摘みじゃないかあかねだすきに菅の笠♪”
この茶摘みの歌にも登場する「八十八夜」とは、2月4日の立春から数えて88日目の日のこと。
この日に摘み取られたお茶を飲むと、1年間無病息災で過ごせるといわれている。

お茶の効能について

お茶で元気に!

  • ガンの予防効果
    茶産地に住む人の胃ガン発生率が低いのは、ちょっと知られた話。
    お茶に含まれるカテキンがガン発生を抑制すると考えられている。
  • 虫歯や口臭を防ぐ
    お茶には歯の表面をコーティングするフッ素が含まれているから、虫歯予防に効果大。また、カテキンが口臭予防に威力を発揮する。
  • アレルギーを抑える
    カテキンがくしゃみ、頭痛、鼻水、かゆみなどのアレルギー症状を抑える。
  • 風邪のウィルスを寄せつけない
    ビタミンCは疲労回復と風邪の予防に効果があり。
    カテキンはインフルエンザウィルスの働きを弱める。
    お茶のうがいで風邪予防をする小学校も増えている。
  • 高コレステロール値を正常に
    お茶を飲むと悪玉コレステロールが減少する。これは、カテキンとビタミンCが持つ作用で心疾患の発生率を低下させることができるのじゃぞ。

お茶でキレイに!

  • 色白になる
    美白に効果があるビタミンCが、なんとレモンの4倍もお茶に含まれている。
    お茶を使ったパックや化粧水が美肌効果バツグンと、話題になっているのも納得。
  • 老化を防ぐ
    ニンジンの10倍ものカロチンを含み、皮膚や粘膜の潤いを保つ。
    その他、ビタミンC、Eなど、肌の老化を防止し、日焼けを防止する成分も多く含んでいる。
  • ダイエット効果
    カフェインは、脂肪を燃やす働きがあるので、お茶を飲めば肥満予防になる。
    粉末を食べても効果アリ。

おいしいお茶の煎れ方

ホット・ティー

  1. 茶葉は、1人当たりティースプーンに1~2杯程度を目安として、急須に入れておきます(好みで茶葉の量は調節してください。心持ち多めに入れた方が味わい深くなります)。
  2. 沸騰したお湯を一度湯飲みにあけ、湯飲みをじっくりと温めておきます。
  3. 2で湯飲みを温めておいたお湯を、そのまま急須に注ぎます。
    このときお湯の量は急須内の半分以下で。
  4. 30秒~1分くらい待ってから、お茶の色や濃さが均等になるように少しずつ数回に分けてお茶を注ぎ分けます。このとき、最後の一滴まで注ぎきると、おいしさが増します。

アイス・ティー

  1. ティースプーン1~2杯程度(好みにより量を調節してください)の茶葉を急須に入れます。
  2. その上から氷2~3個を入れて、茶葉を2~3分ふやかしておきます。
  3. 冷やした水を適量注いで、2~3分(お茶の色を見ながら好みで)待つと、冷たい緑茶の出来上がり!

お茶の保存について

お茶は一度封を開けると、湿気をよぶ。
特に、袋入りのものであれば、開封後は中ぶた付きのお茶缶を用意し、その中に袋のままいれて、冷蔵庫で保存するのが良い。その際には、冷蔵庫内の他の食品の匂いが移らないようにする。

お茶が湿気てしまったら

お皿の上に紙をしき、その上に薄くお茶を広げて、電子レンジに入れて約15秒。
これは、あくまでも目安なので、電子レンジから出してみて湿気ているようならもう少しレンジに入れてみよう。
フライパンを使う場合は、弱火で少し煙が出る程度まで焙じる。
ただし、どちらの方法をとるにせよ、開封直後のお茶の風味は損なわれてしまう。



農業のことTOP 暮らしのことTOP 地域のことTOP


ホームページ